ミュージシャン

DA PUMP「USA」の原曲は?和訳の歌詞は全然違う?

DA PUMP,原曲,歌詞,和訳

DA PUMPが再ブレイク中ですね!

昔のDA PUMPは4人でしたが、今はISSA以外はメンバーがガラッと変わって新しいDA PUMPの魅力が爆発中です♪

今回は今年ヒットした楽曲「U.S.A」について詳しく調べてみようと思います。


スポンサーリンク

DA PUMP再ブレイクの「U.S.A.」って?

DA PUMP,レコ大,予想,2018引用元:www.youtube.com

 

DA PUMPの「U.S.A.」は2018年6月に発売されたシングル曲です。

YouTubeの再生回数がそろそろ10,000万回を超えそうな、さらに勢いが増しているDA PUMPの再ブレイク中の楽曲です。

ISSA率いるDA PUMPにとっても、かなり久々の待望ヒット曲になったでしょう!


スポンサーリンク

「U.S.A.」の魅力はユーロビートとダンス

DA PUMP,レコ大,予想,2018引用元
https://donsok.com

DA PUMPの「U.S.A.」はノリノリのユーロビートサウンドと、「シュートダンス」が原型となった、ダサかっこいいいいねダンス」で、今いちばん子供から大人までが振り付けを真似したい曲ではないでしょうか。
実はこのダンスは90年代に有名になったダンサー、MCハマーさんからインスピレーションを受けたとか。

学校での学習発表会などのダンスとして取り入れられることも多いようです!
うちの息子も練習中です。

引用元:www.youtube.com

「U.S.A」は再ブーム中のユーロビートで再ブレイク?

バブリーダンス,ユーロビート,USA引用元:favio.jp

 

ユーロビートといえば、2017年に荻野目陽子の「ダンシング・ヒーロー」が登美丘高校のバブリーダンスと合わせて再ブレイクしましたよね!

実はDA PUMPの所属事務所ライジングプロダクションは80年代に荻野目洋子、90年代に安室奈美恵、MAXなどユーロビートのカバーを数多く世に放ってきた会社です。

このユーロビートの原曲を選曲した理由を、ライジングプロダクション社長の平哲夫氏はこう語っていました。

実シングルを考えたときには、特に90年代にこだわらず、ISSAの声に合い、しっかり伝わるメロディーを見つけなきゃいけないなと。

ユーロビートを選んだのは、マイナーポップで日本人が好きなメロディーの曲が多いと思うからです。

17年の『ダンシング・ヒーロー』(荻野目洋子)も大きかったですね。大阪の登美丘高校とakaneコーチのおかげで、32年前の楽曲も今の若い人たちに受けるんだなと、僕自身の1つの目安になりました。

振り付けは彼らに任せたんですけど、曲については、僕は自信がないものは出しません。まして久しぶりのシングルですから、最初から地味だなと思うものは出さないですよね。ISSAはあれだけの声を持っているし、ダンスは一流の連中だからちゃんとやればかっこいいわけですよ。

社長の狙いが当たり、90年代に流行ったユーロビートの最ブームが到来を意識したことで、DA PUMPはこの原曲を、得意のダンスと組み合わせて再ブレイクしたのではないでしょうか。


スポンサーリンク

原曲は イタリアの「USA」!メロディーはそのまま

DA PUMP 「U.S.A.」は 、イタリアのアーティスト、ジョー・イエローが1992年にリリースしたユーロビート曲「USA」のカバーです。

DA PUMPによるカバー「U.S.A.」では、歌詞は日本語で全然違った内容のようですが、大元のユーロビート色はそのまま受け継がれています。

ちなみに原曲はこちら↓

引用元:www.youtube.com

DA PUMPと全然違う!原曲「USA」の和訳歌詞は?

さて、原曲の歌詞はどんな感じなのでしょう。1番目だけ和訳してみました。

U.S.A. You are catching me with some desire
(USA、おまえは欲望は俺を虜にさせる)
U.S.A. You are deep inside my heart on fire
(おまえは俺の心の欲望の灯をともした)
U.S.A. Running way before the night is over
(USA、夜が終わる前に走り抜けろ)
U.S.A. Baby, come to me but don’t take over
(USA、俺のところに来ても俺を支配しようとするな)

You can me baby, beat to beat
(おまえは俺を続けざまに打ちのめすことができる)
And tonight I will be your lover
(今夜俺はおまえの恋人になる
We can wait if we’re cheek to cheek
(もしも俺たちが頬を合わせられるなら待っていられる)
That’s my imagination, dancing melody
(これは俺の想像でメロディーが踊る)

Come on baby, do it againUSA
(ここに来てもう一度やろう)
That’s the way, just do it light my fire
(これが俺の心に火をつけるやり方だ)
Come on baby, sing it again
(ここに来てもう一度歌おう)
I can feel your beat carry me away
(俺はおまえの鼓動を感じることができる)
Come on baby, do it again
(ここに来てもう一度やろう)
That’s the way to reach a new desire
(これが新しい希望に向かうやり方なんだ)
Come on baby, sing it again
(ここに来てもう一度歌おう)
Get into the groove to a new day
(明日に向かってノっていこうぜ)

DA PUMP「U.S.A.」の原曲まとめ

いかがでしたか?

DA PUMP大ヒット曲の「U.S.A.」は、原曲「USA」とリズムや曲調はあまり変わっていませんが、歌詞は全然違いましたね!

さらにDA PUMPの得意とするダンスとコラボして、ダサかっこいいという新しいジャンルとして生まれ変わりました♪

紅白歌合戦にも出場が決まり、しばらくは人気が続きそうですね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい
DA PUMP,レコ大,予想,2018
2018年レコ大予想はDA PUMP?洋楽USAは壁を超えなかった!今年も残すところあと少しですね! 年末の歌に関するTVといえば、昔から「レコ大」ことレコード大賞が外せないですよね♪ 最近は他の...
あわせて読みたい
DA PUMP,USA,KENZO,振付師
DAPUMPのUSAはKENZO先生が振り付け師!教えるダンススクールは?「カ~モンベイビーアメリカ!」でおなじみの DA PUMPの大ヒット曲「U.S.A」は、youtube効果もあり、ますます人気が高まっ...