タレント・モデル・女子アナ

ウエンツ瑛士が休業で演技留学した真相と英国ロンドンを選んだ理由は?

ウエンツ瑛士,休業,留学,真相,ロンドン,

バライティで活躍していたタレントのウエンツ瑛士さん。
2018年9月末で一時休業を発表し、演技留学されていることは記憶に新しいと思います。

留学をしたいという気持ちは数年温めてきた、ウエンツさんのたっての希望だったということですが、なぜ留学先がイギリスのロンドンなのか、イギリスで何がしたいのか、その真相を知りたいという声も多く聞かれます。

そこで、その真相を探るとともに、数あるロンドンの演劇学校で、ウエンツ瑛士さんが選ぶのはここかなと思われるところを調査してみましたのでご覧ください!


スポンサーリンク

ウエンツ瑛士が演技留学した真相は?

ウエンツ瑛士,休業,留学,真相,ロンドン,引用元:whoistheone.net

2018年9月末から、突如休業宣言をし、姿を消したウエンツ瑛士さん。
休業はイギリスロンドンへの演劇留学のためと報道されました。

演劇留学は、ウエンツ瑛士さんいわく、ずっと前から温めていた希望だったとか。
イギリスとウエンツ瑛士さんの関係を探ってみました。

ウエンツ瑛士が演技留学をしている真相は?

ウエンツ瑛士,休業,留学,真相,ロンドン,引用元:warotaland.net

実はウエンツ瑛士さんは、大のミュージカル好きだそうです。
劇団四季の作品はほぼ全作品チェックするほどだったとか。

しかも、ウエンツさん自身の役者デビューも劇団四季ミュージカル「美女と野獣」のチップ役でした。

ウエンツ瑛士,休業,留学,真相,ロンドン,引用元:twitter.com

ファンもウエンツ瑛士さんのミュージカル好きのことはもちろん承知のことで、留学に関してもこんなツイートも。

管理人も、ウエンツさんがミュージカル好きだということは初めて知りました。
いつもバラエティに出ているウエンツさんからは想像がつかない感じですよね!

ロンドンはミュージカルが有名!ウエンツ瑛士は舞台を学ぶ!

吉田羊,休業,英国,ロンドン,留学,演技,演劇,学校,ミュージカル引用元:www.funlondon.net

イギリスはアメリカのブロードウェイと並び、世界の2大ミュージカル国の一つです。

特にロンドンのウェストエンドという地域は、たくさんのミュージカル劇場やミュージカルスクールや演劇学校が集中していて、イギリスではミュージカルの聖地となっています。

ウエンツさんはミュージカル好きですが、細かく言うとイギリスのミュージカルや音楽、演出家など、とにかくイギリスのスタイルが大好きのようです。

ですので、ロンドンを学びの場として選ぶのは自然ですよね。

具体的には、以下の理由が大きいと思います。

  1. 高いレベルのミュージカル技術(イギリススタイル)が学べる
  2. 英語の本場で語学力アップを期待

ハーフながらも、英語は全然話せないというウエンツさん。
英語も合わせてしっかり学びたいという気持ちもあったことでしょう。

こういったことが、ウエンツ瑛士さんがロンドンを留学先に選んだ背景と言えるでしょうね。


スポンサーリンク

英国ロンドンで一番有名な演劇学校はどこ?

吉田羊,休業,英国,ロンドン,留学,演技,演劇,学校,ミュージカル引用元:wikiwand.com

ロンドンで一番有名な演劇学校といえば「王立演劇学校」です。

ロンドン王立演劇学校は、エール大学演劇大学院、ジュリアード音楽院、カーネギーメロン大学に並び、イギリスでは演劇界の名門です。

志願者1万人ほどの中で試験に合格するのはたった30人程という入学するだけでも超難関と言われています。

名俳優で言えばアンソニー・ホプキンスさんや、ビビアン・リーさんなど、まだまだたくさん映画界や舞台俳優として活躍している人を排出しています。

王立演劇学校とは、ロンドンにある役者、ステージマネージャ、ディレクター、デザイナー、舞台芸術の職業教育を行う演劇学校である。1904年に演劇プロデューサーのHerbert Beerbohm Treeによって設立された。3年制。ロンドン中心部のブルームズベリーを拠点としている。

引用元:Wikipedia

ウエンツ瑛士さんは、留学期間が1年半という予定のようですので、3年制の「王立演劇学校」ではありませんね。参考までご紹介しました。

ウエンツ瑛士が通う演劇学校は?民間スクールが有力!

ウエンツ瑛士,休業,留学,真相,ロンドン,引用元:oops-japan.com

ウエンツ瑛士さんの留学先は公式に発表されているわけではありませんので、留学期間から予想してみました。報道されているのは半年間

公立の演劇学校だと、だいたい1年から3年くらいのコースになりますので、半年間のコースでいうと、やはり民間の演劇学校が選択肢に上がります。

候補はこれかなと思われる学校とその特徴を挙げてみました。

マウントビューアカデミーオブシアター&アーツ

マウントビューアカデミーオブシアター&アーツ

歌、ダンス、芝居の基礎からしっかりと学べるコースです。3技能を使って自分を表現する仕方を学び、学んだことを掘り下げて、得た技術に磨きをかけていきます。最後には講師より一人ひとりに細かい指導が施され、技能細部にこだわって表現力をより豊かにできるようになるようです。

ちなみにこちらの学校では、英語力に関しての証明は必要ありません。
しかし、コース内容を理解し、自分を表現できるための流暢な英語が求められます。
とはいえ、歌やダンス、芝居の経験等も特に問わない為、チャレンジしやすい学校ですね。


スポンサーリンク

ロンドンスクールオブミュージカルシアター

吉田羊,休業,英国,ロンドン,留学,演技,演劇,学校,ミュージカル引用元:.lsmt.co.uk

ロンドンスクールオブミュージカルシアター

授業は平日朝の9時半から夕方5時半までみっちり行われるそうです。
歌の授業では、声を出す基本的な技術からしっかりと習得でき、個人指導も丁寧に行ってくれる為、安心して受けることができるとか。

芝居の授業ではアメリカ発音での指導も行われるため、イギリスにいながら、イギリス英語とアメリカ英語の両方を学ぶことができます。
また、ダンスの授業では、少人数制をとっているため、講師の目が生徒一人ひとりに届くようで、一人ひとりのレベルに合わせた指導が○ですね。

ロンドンには、かなりたくさんの演劇学校がありますので、もちろん断定はできませんが、学校選びにはウエンツさんの英語力もかなり影響したと思われます。

まとめ

いかがでしたか?

ウエンツ瑛士もさんはおふざけキャラというイメージがありますが、実はなかなかの秀才だとか。
きっと英語もしっかり勉強すれば、きっとすぐ習得できると思います。

演技力を磨きたいという想いから、留学を決意するのは女優・俳優さんにとって珍しいことではありませんが、しばらくのあいだ、ウエンツ瑛士さんの姿をテレビで見られなくなることは少し寂しいですね。

しかし、演技留学でさらに演技力アップで魅力が増すであろうウエンツ瑛士さんの姿もかなり楽しみです。大好きなミュージカルでも、もっと活躍の場が広がるのではないでしょうか。

日本に戻ってくるのは2020年になるのでしょうか。
活躍を心待ちにしています。


スポンサーリンク