LIFE・NEWS・TIPS

【eスポーツ】プロゲーマー世界一の年収は誰?高額タイトルはこれだ

プロゲーマー,世界一,年収,最強,国

管理人の住む札幌にも、道内で初めてeスポーツの専門施設ができたことをニュースで耳にしました。

それをきっかけに、eスポーツについて調べていくうちに、プロゲーマーという職業があるということを、意識し始めました。

日本ではまだまだと言われるプロゲーマーの年収も、世界に目を向ける規模が全然違います。

今回は、プロゲーマーの世界一の年収は誰なのか、最強のチームはどの国なのかを調査してみました。


スポンサーリンク

まずプロゲーマー日本一の年収は誰なのか?

プロゲーマー,世界一,年収,最強,国引用元:www.asahi.com

 

日本人で最も獲得賞金が多かったのは、ストリートファイターシリーズなどの格闘ゲームで活躍している「ときど」氏です。

東大卒でありながらプロゲーマーになったという異色の経歴を持つときどさんは2017年に北米のプロeスポーツ団体Echo Foxに加入。

70名ほどが在籍しているメンバーの総賞金獲得額は120万ドルにも登るほど。
プロの中でも、かなりハイレベルなプロゲーマーでないと、絶対に入れないグループです。

ときどさんは、その中でもダントツのトッププレイヤーで、「Echo Fox」に加入してから40万ドルもの賞金を獲得しています。

数十回もの大会で優勝し続けているため、今ではグループ内でも”リーダー的存在”として名を知らしめています!
ただ、賞金は全額もらえるわけではありません。

プロゲーマーといえば、どうしても優勝賞金ばかりに目が行ってしまいますが、ときどさんはマネジメント会社「TOPANGA」の事務所にも所属しています。eスポーツを日本に広めるため、この事務所を通してメディアやイベント出演・ネット配信を多数行っているようです。また、コンサルタント業も行っているとか。

しかし、賞金の分配や、その他の仕事を合わせても、ときどさんの年収は5000万程度だという情報です。

ちなみに、2番目に収入が多いとされている「ウメハラ」さんは2600万くらいだそうなので、約2倍の開きがありますね。

スポーツの世界でも、日本でトップのプロとなると、億単位の収入であることを考えると意外と少ないかもしれませんね。


スポンサーリンク

世界一の年収を誇るプロゲーマーは誰?

プロゲーマー,世界一,年収,最強,国引用元:www.joindota.com

一方で、海外のプロゲーマーの収入1位は「Dota 2」で活躍しているドイツの「KuroKy」選手。

その獲得賞金は348万ドルと、正直な話、日本とは全く比較にならない金額です。

2017年の年収で244万ドルを稼いでいるので、世界のプロゲーマーの年収トップの選手は、日本のプロゲーマー全員の合計よりも多いようです。

特筆すべきは、この年収は純粋に大会で獲得した賞金のみというところです。
この他に、スポンサー契約などその他の仕事を合わせると、もっとすごい金額になるでしょうね。

そもそも、日本ではこんな賞金が出る大会は行われていませんし、行われたとしても日本の法律上、大会から賞金をプロゲーマーに直接渡すことはできません。

あくまでもスポンサーから賞金を渡すということになります。ちょっとややこしいですね。

プレイするゲームの種類によって賞金の額は違う!

eスポーツ,世界一,年収引用元:number.bunshun.jp

 

ちなみに、eスポーツの大会は、簡単に言うと「ゲームタイトル」ごとに行われています。
テレビゲームでいうところのソフトですね。

eスポーツの世界で一番プレイヤー数も売り上げも多いゲームタイトルは「LOL」です。

しかし、世界で最も賞金額の多い大会は、DOTA2です。

DOTA2の公式世界大会「The International 2018」では、賞金総額が日本円にすると28億以上。この他の大会でもだいたい20億前後です。

対してLOLの大会の賞金総額は5億程度
これでもかなり多いとは思いますが。

世界一の年収を得ているドイツの「KuroKy」選手もこの大会で優勝した賞金で世界一の年収を手に入れています。

DOTA2もLOLも世界でも最大レベルの規模のゲームタイトルには違いありませんが、なぜLOLよりもDOTA2のほうが、賞金金額が高い大会を運営できるのでしょうか。

それは、DOTA2では、大会の観戦チケットの販売方法にあるようです。

ゲーム内で販売することで、売り上げの一部を賞金額に足しているため、このような異常な賞金額の大会が運営できます。

もちろん、Twitchなどの動画配信サイトでも大会映像を配信しているようですが、ゲーム内ではより見やすい環境になっているので多くの売り上げにつながっているとのこと。

その賞金のもととなる金額の貯まり方と、とても高い競技性希少なプレイヤーがたくさんいることから、eスポーツで高額の賞金があるといえばdota2となっています。

まとめ

いかがでしたか?

ゲーム好きが高じると、こんなところまでいけてしまうのですね!

しかしプロゲーマーの日常的な努力はかなりのものと思います。自分の技術が収入に直結するため、きっと常に焦りもあるでしょうし、日々練習も研究も欠かせないのではないでしょうか。

また、日本人プロゲーマーがもっと上を目指すために、フィールドを海外にしなければならない。

そう考えると、やはり普通のスポーツの世界と同じかもしれませんね。


スポンサーリンク

あわせて読みたい
eスポーツ,世界一,年収
最年少プロゲーマーは何歳?eスポーツはどんな仕事?子供もなれる?最近話題の対戦型のコンピューターゲームを競技として行う「eスポーツ」。 管理人の2人の小学生の息子もゲーム大好き。 そんな息子た...