LIFE・NEWS・TIPS

仲邑菫の英才特別採用枠とはいつから?囲碁界は子供の教育に積極的?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目

先日、仲邑菫さん(9歳)が日本棋院の新設制度「英才特別採用」でプロ棋士にすると発表されました!

2019年4月1日付のプロ入りで、10歳0カ月での入段となり、史上最年少となります。

将棋の藤井聡太さんといい、だんだんプロ入りも若年化してきましたよね。
子供の能力が開花するのは、環境次第では無限大だということが証明されつつあります。

今回は、この囲碁界の「英才特別採用」枠についてスポットを当ててみたいと思います!

一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

囲碁の英才特別採用枠とは?採用条件を確認

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:diamond.jp

今回、9歳の仲邑菫さんが最年少で入段がするということで話題ですが、具体的には、日本棋院の「英才特別採用推薦枠」という制度に則っての入段ということになります。

此の度、推薦があった下記の者について、タイトルホルダー、ナショナルチーム関係者の審査、並びに審査会、常務会の承認を経て、英才特別採用推薦棋士として入段が決定しましたのでご報告申し上げます。
 尚、採用は平成31年4月1日付けとなります。

引用元:www.nihonkiin.or.jp

この「英才特別採用」というのは、どのようなものなんでしょうか。

囲碁界の英才特別推薦枠ってどういう趣旨?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:gigazine.net

この「英才特別採用推薦棋士制度」の趣旨は、以下のようになります。
日本棋院のサイトで発表されています。

棋道の継承発展、内外への普及振興を目的とし、囲碁世界戦の優勝を目指すなど、最高レベルの棋士となるべく、英才特別採用推薦棋士制度を新設した。

引用元:www.nihonkiin.or.jp

つまり、分かりやすいように言い換えると・・・

今後の囲碁界の発展のため、世界を狙える能力を持つ子供の英才教育を組織的に行います。

そして、将来的に世界の2強を形成する中国、韓国に対抗できるプロ棋士として活躍してもらいます。

という感じでしょうか。

英才特別の基準や年齢などの採用条件は?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:0845.boo.jp

採用基準と採用年齢については以下の通り公開されています。

<採用基準>
候補者の実績と将来性を評価し、日本棋院の現役7大タイトル保持者および、ナショナルチーム監督とコーチ3分の2以上の賛成により、審査会及び常務理事会を経て決定する。
 尚、日本棋院の棋士2名以上の推薦があるものを候補者とする。

<採用年齢>
原則として小学生とする。

引用元:www.nihonkiin.or.jp

囲碁の7大タイトルとは、棋聖(きせい)・名人(めいじん)・本因坊(ほんいんぼう)・王座(おうざ)・天元(てんげんせん)・碁聖(ごせい)・十段(じゅうだん)です。

2019年の時点で、現役7大タイトル保持者は以下の通りです。

棋聖 井山裕太(29)
名人 張栩(38)
本因坊 本因坊文裕(29)
王座 井山裕太(29)
天元 井山裕太(29)
碁聖 許家元(21)
十段 井山裕太(29)

つまり、これらの4人のタイトル保持者からと、ナショナルチームのコーチのお墨付きを得なければならないということですよね。

当たり前ですが、相当な実力者じゃないと認めてもらえないでしょう。

ちなみに、今回の仲邑菫さん(9歳)が現れるまでは、現在20歳の藤沢里菜四段が当時11歳6ヶ月入段というのがこれまでの史上最年少棋士記録として君臨していました。


スポンサーリンク

英才特別推薦はいつから始まった?中邑菫は何番目?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:twitter.com

この英才特別推薦というのは、いつから始まった制度なのでしょうか。
ちょっと詳しく見ていきましょう。

英才特別推薦制度が始まったのはいつ?中邑菫は何番目?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:slidemove1.com/

これまでの日本の棋士界では、今回の仲邑菫さん以外にも藤沢里菜さん始め、子供の入段記録はいくつかあります。趙治勲さん(62)の11歳9ヶ月や、謝依旻さん(29)の14歳4ヶ月など。

しかし、実はこれまではこういった制度はなかったんです。

この「英才特別推薦枠」というのは、中邑菫さんとともに今回新しく設立された制度です。

ですので、最年少の中邑菫さんが第1号で初めての対象者ということになります。

なぜ今回初めて制度ができた?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:matome.naver.jp

今までも子どもの入段があったのにもかかわらず、なぜ今回新しく新設されたか気になりませんか?

今後このような才能のある小学生が発掘されれば、英才特別推薦枠にすぐ入れるようになるのでしょうか。

管理人の主観的意見ですが、それはなかなかないことだと思います。

仲邑菫さんのように、両親ともに囲碁に携わっている環境で、家族で囲碁の勉強のために韓国に渡るなど、両親の全面協力のもとに囲碁を学ぶことはとてもめずらしいですし、なかなかないことですよね。

しかし、そんな環境だとしても、必ずしも囲碁を学ぶようになるとは限りません。

仲邑菫さんの才能はごくまれで、別格で逸材すぎるので、今回新設されたとはいえ、今後ポンポンとこういう「英才特別推薦枠」に入れる子が出現するということにはならないのではないでしょうか。

ですので、今回英才特別推薦枠設立された理由としては、以下のように考えられます。

  • 年齢が若すぎる(10歳に満たないのは前例がない)
  • 仲邑菫さんの実力が凄すぎる

この制度は仲邑菫さんのための制度と言っても過言ではないのかもしれません。


スポンサーリンク

囲碁界は子供の英才教育に積極的?

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:www.pandanet.co.jp

実は同じ棋士の世界である将棋界にはこのような制度はないようです。

日本棋院のサイトを見てみると、子供の英才教育に力を入れていることがよく分かります。具体的にこの「英才特別推薦」以外の面を挙げてみましょう。

囲碁の子供教室のアピールがすごい

日本棋院のサイトを見てみると、ジュニア囲碁スクール子供向けの囲碁教室などの情報がとても充実している印象を受けます。これは、日本将棋連盟のサイト以上に感じます。

日本棋院では、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校や入門教室、囲碁塾など、子供たち対象に囲碁を取り入れた活動を行っている団体サポートする体制が整っているようで、ホームページへの登録募集なども積極的に行っています。

子供向けに囲碁を教える指導者を育成

また、そういった教室で指導を行うため、育成囲碁の子ども囲碁入門指導」ということで、子供向けの指導者に対してもきちんとした育成をする環境が整っているようです。

組織をあげて、子供の囲碁英才教育に力を入れているというのが良く分かります。

なぜ囲碁界は子供への英才教育に力を入れるのか

囲碁,英才特別採用,いつから,最年少,中邑菫,何番目引用元:nitro15.ldblog.jp

同じ棋士の世界である将棋界に比べて、なぜ囲碁界は子供の囲碁育成に力をいれるのでしょうか。

それは、おそらく囲碁の歴史背景から来ているものだと思われます。

もともと、囲碁は、昭和前半まで日本が世界のトップに君臨しライバルとなる国が存在しなかったと言われています。

しかし、昭和後期から中国韓国でもプロ組織が立ち上がり、囲碁を「競技」のように位置づけ、日本に追い付け追い越せと、自国でのプロ棋士育成に本気で取り組むようになりました。

囲碁を「」のように位置づけてきた日本での学びのスタンスでは、到底追いつけないようになってしまい、平成に入ってからはほぼ中国と韓国が勝利を独占しています。

中国も韓国も、まるでオリンピック選手を育成するかのように、国を挙げて囲碁のプロ集団を育成もしているとか。

囲碁センスのある子どもを集め、囲碁育成の学校へ入学させ朝から晩まで囲碁の勉強をさせるという環境があるのです。現に韓国で囲碁を教える専門の小学校は現在6つもあるそうです。

そういったことから、日本も負けじと子供の囲碁育成には力を入れているのです。

しかし、日本では義務教育制度がありますので、中国や韓国のように寄宿舎的な囲碁学校というのは難しいため、圧倒的に囲碁学習の時間が追いつかないという現状のようですね。

実際、仲邑菫さんも7歳から両親とともに韓国へ渡り、囲碁の英才教育を集中的にしている環境だからこそ、才能が開花したのだと思います。


スポンサーリンク

中邑菫の英才特別採用枠とはいつから?まとめ

いかがでしたか?

今回、仲邑菫さんのように小学生でのプロ入りがニュースに出ると、どうしても我が子と比較してしまいがちになりますよね。

ですが、やはり環境というのがとても影響するということは確か。
子供だけで成し得たわけではないのです。

本人の才能に気づき、飽きないように工夫し、本人のモチベーションを下げないようにしながらという、両親の積極的な協力があってこそ実現したのではないでしょうか。

仲邑菫さんをきっかけに、囲碁の子供英才教育がますます盛んになっていくかもしれませんね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい
仲邑菫,韓国,囲碁,環境,プロ志向,子供,道場,生活
仲邑菫9歳の韓国の囲碁修行がスゴい!プロ志向の子供の道場費用は?2019年4月から最年少10歳0ヶ月でのプロ入段が決まった仲邑菫(なかむらすみれ)さん。現在は9歳で囲碁特別採用期間につき、プロ修行中で...
あわせて読みたい
寺田心,成長しない,赤ちゃん
寺田心は成長しないと感じる理由は?赤ちゃんぽいが頭脳は大人以上!天才子役の寺田心(てらだこころ)くん、かわいいですよね! 先日、主演映画「ばあばは、だいじょうぶ」(来春公開)で「ミラノ国際映画祭...