LIFE・NEWS・TIPS

新年号は誰が決める?発表は誰?天皇陛下の生前退位は前例があった!

新年号,誰が決める,平成,昭和,違い

2019年4月30日に天皇陛下が「生前退位」されます。
つまり、平成もあとわずかということ。

2019年5月に皇太子が天皇陛下になられる「即位の礼」が行われて、【平成】が終わり【新年号】である令和(れいわ)になります。

今回は、新年号というのは誰が決めるのか、また昭和から平成になったときと今回の違いを調べてみたいと思います。

気になる方はぜひご覧ください!


スポンサーリンク

新しい時代のスタート!新年号は誰がどのように決める

気になる新年号は、2019年4月1日に発表されるようです。
そして、同5月1日から新年号での時代スタートします。

新年号って、一体誰がどのように決めて、誰が発表することになっているのでしょう。

新年号の決め方の手順は?

新年号,誰が決める,平成,昭和,違い引用元:wolf-log.com

年号の決め方については、いくつかの段階を経て決まります。

年号決定までの流れは以下の通り。

  1. 学者が提案する
  2. 政府が審議する
  3. 天皇陛下が決定を下す

いきなり天皇陛下がすべてを決めるわけではないのですね!
ちなみに、天皇陛下というのは、新しく天皇陛下になられる方ということになるでしょうね。

学者が責任重大!?どのようにして新年号が決まる?

新年号,誰が決める,平成,昭和,違い引用元:page.auctions.yahoo.co.jp

これまでの大正・昭和・平成といった年号(元号)は理由なく漢字二字を組み合わせて決められたわけではありません。きちんとした学術的な根拠があります。

「昭和」は「百姓昭明、協和万邦」という意味が、「平成」は「地平天成、六府三事允治、万世永頼、時乃功」という意味がそれぞれ凝縮されています。

これはプロの学者でないと提案出来ません。

ちなみに、「昭和」という年号(元号)を決めるときは、政府が漢学者で宮内省図書寮の編修官であった吉田増蔵氏に元号選定にあたるように命じたようです。プロ中のプロの漢学者が選定を任されたということです。

平成」は山本達郎という東洋史学者が提案しました。
昭和末年から、政府より昭和天皇崩御を想定した「新元号」について委嘱を受けていたようです。

ちなみに、「平成」の他には、「正化」という案も浮上していたとか。

漢学者や考古学者など、その筋に詳しいプロの学者さんが選定を任されるようですね。

今までの流れとしては、学者さんの提案をもとに政府が審議をし、最終決定は天皇陛下ということになります。

次の「新年号」は、どの学者さんが提案されるのでしょうね。

すでに決まっている可能性も大いにありますね!


スポンサーリンク

今回の新年号の発表は誰?これまでの流れを考える

新年号,誰が決める,平成,昭和,違い引用元:www.sankei.com

昭和生まれで平成になるタイミングに物心がついていた方であれば、この映像に見覚えがあると思います。

当時、竹下内閣の官房長官だった故小渕恵三元首相が「平成」の年号を発表しました。

「平成」については戦後定められた元号法の規定に基づき政令として内閣から発表されたのです。

しかし、「平成」以前の「明治」・「大正」・「昭和」は新天皇陛下が新年号を発表していたのです。

これは、明治天皇が新しい元号を「明治」と宣すると共に「一世一元の制」を宣せられましたのがきっかけと言われています。

つまり、わかりやすく書き直すと「天皇の位を受け継いだ後、新しい元号を決めて、その天皇の間は元号を変えない」という意味です。

ですので、戦後に元号法が定められる前は天皇自らが発表していたのです。

ただし、発表とはいっても当時は「平成」のときと違って、テレビもラジオもありませんでしたので、天皇に近しい方々から徐々に伝え、それを受けて臣下のものが広く伝え、新聞などで一般人に伝わったのではないかと思われます。

新年号の発表がもし「平成」発表時と同じであれば、現在の安倍内閣菅義偉官房長官が発表をするということになりますね。

2019年3月29日追記

新年号の公表は菅義偉官房長官、その後安倍晋三首相自らが記者会見で談話を発表する方向のようです。
公表時間は、2019年4月1日午前11時半です。


スポンサーリンク

天皇陛下の生前退位は前例があった!昔はどうだった?

新年号,誰が決める,平成,昭和,違い引用元:taroz.info

これまでの時代で年号が変わるタイミングといえば、天皇陛下が崩御されたタイミングでしたよね。

今回の新年号への移行は、天皇陛下が「生前退位」という、異例のパターンとなりますので、ここが一番今までと大きな違いと言えます。

現代人のほとんどは、昭和と平成を生きてきていますので、天皇陛下が崩御された時に新天皇陛下になるというのが常識と思い込んできましたので、「生前退位」というのはちょっと違和感があるように思われた方も多かったのではないでしょうか。

ちなみに、「退位」ではなく「譲位」とも言います。

しかし、実は江戸時代までは「生前退位」が行われていたということもあったようです。

日本の歴史上、初めて生前退位(譲位)は大化の改新(645年)直後第35代の皇極天皇の時でした。

その後は生前退位だったりそうでなかったりしたようですが、最後に生前退位が行われたのは、江戸時代後期(1817年)、第119代の光格天皇の時。

その後約200年は生前退位が行われていませんでした。

つまり、明治時代より前の時代では前例があったんですね。
「生前退位」されたそれぞれの天皇陛下も、きっとご自分のご年齢や体調を考えてのご決断だったのではないかと思われます。

長い歴史を考えてみると、常識だと思っていたことが実は常識ではないと気付かされますね。

新年号は誰が決める?まとめ

いかがでしたか?

平成生まれの方は、新しい年号を迎える経験がありませんので、「新年号の発表」はきっと時代の流れを感じる大きな一幕となるのではないでしょうか。

どんな年号になるか、今からとても気になるところですが、日本国民は一斉に新しい時代へ突入するわけです。不思議な感覚になると思います。

きっと、2019年の春は日本国民にとって忘れられない季節になりそうですね。


スポンサーリンク