お笑い

霜降り明星は面白くなかった?優勝はヤラセだと疑惑を持つのはなぜ?

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由

2018年12月に生放送されたお笑い番組「M-1グランプリ」。

決勝に残ったのは「霜降り明星」「和牛」「ジャルジャル」の3つのコンビでした。
結果的に、M-1グランプリ14代目王者に輝いたのは、芸歴もまだまだ浅い「霜降り明星」でしたよね。

いまやグランプリを獲得した「霜降り明星」よりも、審査員を批判したコンビ注目が集まってしまっているようで、ちょっと気の毒な状況ですが。。。

霜降り明星のM-1での漫才は管理人も観ていましたが、グランプリ決定時の「霜降り明星」のせいやさんの喜びがとっても印象的でした!

しかし、この霜降り明星の優勝については、世間では賛否両論があるようです。
そしてその理由についても詳しく迫ってみました。

見ていきましょう!


スポンサーリンク

M-1グランプリ決勝の「霜降り明星」のネタを再視聴

まずは、M-1グランプリ決勝のネタをもう一度見てみましょう!

引用元:YouTube

この最終決戦のネタは、「小さい頃の思い出」がテーマのもの。

テンポ良い漫才で、管理人は結構好きです!

せいやさんの独特の動きや表情などを交えて、おもしろおかしく表現してたのが印象的でしたよね!


スポンサーリンク

霜降り明星は面白くなかった?世間の反応はどう?

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:news.mynavi.jp

お笑い好きの管理人の主観で見ると、粗品さんのツッコミ自体はそれほどインパクトや面白さ、独自性はないものの、せいやさんの動きが面白いのでそこでカバーされているといったところでしょうか。(※あくまで管理人の意見です)

しかし、じゅうぶんに漫才としての面白さはあるとは思いますので、「霜降り明星」の漫才だけを単体で見ると、疑問は何もありませんよね。

ただ、M-1グランプリとなると話は別です。
それに世間は厳しい
面白かった」という意見よりも「面白くなかった」という意見のほうが上回っているという結末に。

M-1グランプリ放送直後は、こういった「霜降り明星は面白くなかった」というツイートが相次いでいました。


スポンサーリンク

ヤラセ?ひいき?霜降り明星の優勝に疑惑を持つのはなぜ?

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:natalie.mu

霜降り明星の漫才自体に大きな欠点や失敗はなかったものの、こういった世間の反応の理由は何なのでしょうか。

管理人なりに、理由として考えられるものを3つにまとめてみました。

大前提!最終決戦コンビがみんな「独特」の漫才スタイル

最終決戦に残ったコンビは「霜降り明星」と「和牛」と「ジャルジャル」。

漫才としては同じくくりになるものの、その漫才スタイルは3つのコンビそれぞれ独特の世界観を持っています。

ですので、そもそも戦うフィールドがちょっと違うというのが大前提としてある気がします。

霜降り明星」の漫才スタイルは、せいやさんの特技であるモノマネや動きをメインに粗品さんがタイミングをみてツッコミを入れるといったパターンの漫才。

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:saladbowl.net/

テンポの良さ(ちょっと早すぎるときもありますが)に特徴があります。

 

また、「和牛」の漫才スタイルは、緻密に構成された展開のあるストーリーを掛け合わせた感じのもの。入念に準備されている王道の漫才ですよね。

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:honomomovie.com

しかしコントっぽい感じの時もあったり、絶妙な間があったり、いろいろなパターンの漫才もできて、さすがコンビ結成10年超のベテランという感じです。

ツッコミ担当の川西さんの演技力もとっても上手ですし。

 

それに対して「ジャルジャル」は、ネタというよりはちょっとおふざけ遊びのスタイル。

ネタ自体もきちんと作っているわけではないようで、ぶっつけ本番的なこともあるせいか、完成度としてはちょっと他の2コンビよりは劣るのかもしれません。

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:news-sokuhou.site

ジャルジャルのネタづくりに関しての記事はこちら>>
【ジャルジャル】ネタ作りはどっちもしてない?本番は台本なし?

しかし、それこそジャルジャルには独特な雰囲気があるので、他のコンビには真似できない面白さがありますよね。
根強いファンも多いです。

それぞれ、面白さの領域全然違うので、好みも分かれるところ。
「和牛」や「ジャルジャル」の漫才スタイルが好きな人は、「霜降り明星」の漫才スタイルは好みではないため、「面白くない」という感想になってしまうのだと思います。

「霜降り明星」が好きな人は、このグランプリ獲得納得でしょうから、そもそもツイッターにこういう発言はしませんよね。

今回のツイッターでの発言は、「和牛」好きな人が多かったという印象です。


「和牛」のほうが面白かった!とか「和牛」が優勝だと思った!というツイートもかなりありました。


スポンサーリンク

「和牛」を3年連続準優勝にするため?という疑惑

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:sportsantennaufo.blog.jp

和牛」が優勝だと思っていたのに!というツイートが多いのには理由があります。

「和牛」はM-1グランプリ20162017準優勝を獲得しています。
ここまで惜しい感じできていて、今回のM-1グランプリ2018三度目の正直という期待があったのでしょう。ファンのみんなもかなり期待をしていたと思います。

そんな期待感の中で、また準優勝という結果。
きっと、ファンの中には、「和牛」が3回連続で準優勝なんて「偶然ではないのでは?M-1グランプリ運営側の策略」ではないか、何か裏で操作しているに違いないという疑いが生まれてきたのではないでしょうか。

審査が「大物審査員」のみで行われているため

霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由引用元:www.huffingtonpost.jp

M-1グランプリの審査員は、半分以上が芸歴が長いお笑い界のベテランの超大物。

今回、騒動にもなっているとろサーモンの久保田かずのぶスーパーマラドーナの武智による審査員上沼恵美子さんへの「侮辱発言」も、このベテラン審査員による審査の影響力指摘するものでした。

審査員の好みや主観で審査しているのではないか?

そういった疑問は、きっと視聴者サイドで思う人は多いでしょうね。

M-1グランプリの審査についての記事はこちら»
M-1グランプリ過去の審査員のコメントは適切?主観で判断はアリ?

ツイートでもこの手の指摘はよく見かけます。

審査員とはいえ、やはりいち人間ですので、なかなか感情をコントロールすることは難しそうですよね。そもそも自分の好みの漫才スタイルなどもあるでしょうから、やはり完全に公平に審査するということはできないのではないでしょうか。

まぁ公の場や、大勢が見ているという状況でそれを指摘してしまうと、今回のように大変な事態になるのでしょう。名指しではないものの、完全に誰だか分かりましたしね。

しかし管理人も、そもそも数人の審査員で審査する事自体に、ちょっと無理があるのかなといった感想です。

多くの人が言うように、ネット投票観客席投票なども取り入れると、より視聴者も面白いかもしれませんね。自分の意見が反映されるというのは、視聴者にとっても嬉しいものです。

【霜降り明星】面白くなかったのに優勝?疑惑の理由まとめ

いかがでしたか?

M-1グランプリは、お笑い好きの人間にとってはかなり楽しみにしている番組です。

楽しく視聴していても、公平な審査結果ではないのでは?などの疑惑が心の中に芽生えてしまうと、冷めてしまいますし、終わったあとは「あまり面白くなかったな」という感想を持ってしまいますよね。

来年からはもう見ないという人もチラホラ出たりしていますよね。

こういったことが起こらないよう、番組サイドも審査に対する改善策を練ったほうが良いのかもしれませんね。

出来レースでは?とかヤラセでは?と言われないような番組作りをぜひともしてほしいなと思います。

管理人はもちろん来年のM-1グランプリも視聴するつもりです!


スポンサーリンク

あわせて読みたい
霜降り明星,面白くなかった,優勝,ヤラセ,理由
霜降り明星は面白くなかった?優勝はヤラセだと疑惑を持つのはなぜ?2018年12月に生放送されたお笑い番組「M-1グランプリ」。 決勝に残ったのは「霜降り明星」「和牛」「ジャルジャル」の3つのコン...
あわせて読みたい
霜降り明星,やすとも,わだかまり,不仲,粗品
霜降り明星はやすともと不仲?わだかまりは粗品の態度のせいだった?最近、笑いに飢えています。 久しぶりにお笑いを見て、思いきり笑いたいな~という気分ってありますよね! 今回は、お笑いコンビ「霜降...