お役立ち情報

自分でデリケートゾーンの毛量を減らす!自宅でアンダーヘアを軽くする方法

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法

女性のお悩み、デリケートゾーンのケア。
VIOともいいますよね。

正直言って、デリケートゾーン(VIO)は何が正解かよくわからない部分ではありますが、とにかく清潔にしておきたいし、見た目も何もかも良い感じに整えておきたい部分ではありますよね。

管理人は、頭髪の毛を始め、いろいろな部分の毛がしっかりしていて、量が多いタイプですので、アンダーヘアの処理にはかなり頭を悩ませつづけ、これまでに難易度の低いものからいろいろチャレンジしてきました。

その結果、最終的に納得のいくデリケートゾーンにするには、もうこれしかない!という方法にたどり着きました。

おかげで今は良い感じにふわふわになりましたw

これまで試してきた中で、それぞれの方法での仕上がり結果も交えながら、デリケートゾーンの毛量を自然に減らしアンダーヘアを軽くする方法をご紹介します。


スポンサーリンク

デリケートゾーンの毛を剃るのは逆効果!

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法引用元:u-rara.jp/

まず、ほとんどの方が最初に行う方法として、カミソリでの処理ですよね。

カミソリの処理のメリットとしては、手軽にできるということです。
ですが、毛を減らすメリットとしてはあまりないのが現実。

それどころか、剃った後はチクチクしてかなり不快ではないですか?
カミソリでの処理は、脱毛ではなくあくまで除毛にすぎませんので、一時的に無くす(本当に快適なのは1日くらい)くらいしか効果はありません。

しかも、本当に望んでいる「毛量を減らす」ことはできず、剃った部分はゼロになるので明らかに不自然ですよね。
さらに何度も使用していると、皮膚に負担がかかるので黒ずむこともありますし、毛も太くなってきます。

最近ではヒートカッターという毛先を焼いて処理するタイプのものも出てきています。
正直、管理人は使ったことがありませんが、友人いわく普通のカミソリよりはチクチクによる不快感は多少は軽減されるそうです。

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット
ニオイ対策も同時に出来るおすすめヒートカッター

いずれにせよ、カミソリによる処理の不快感は、ほとんどの女性の皆さんが身をもって経験されていることだと思います。


スポンサーリンク

脱毛クリームはデリケートゾーンのヒリヒリの原因に?

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法引用元:脱毛web.com

除毛クリームは毛を溶かす薬品を使っているせいか、管理人の肌にはちょっと刺激が強いようで、数回使用しましたがすぐやめました。使用後がヒリヒリして。(使用感は人によると思います)

もちろん、クリームでしっかり除毛はできますが、それもやはり一時的にすぎませんし、そもそもデリケートな部分には向いていません。

最近ではデリケートゾーン向けの除毛クリームも出てきているようですが、結局は毛を溶かす成分に変わりはないような気がしますね。

仕上がり自体はカミソリに比べると、チクチクした感じはほとんどなく、除毛後は割と快適ではありますが、またすぐ生えてきますよね。

ただ、少し生えてきたからと言って、また頻繁に使う気にはなれないということも継続できない大きな理由です。

ブラジリアンワックスは安全な素材!毛は減らないけど

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法引用元:hb-web.jp

カミソリを使用した後のチクチクも嫌だし、除毛クリームのヒリヒリも嫌ということで、はちみつなどの自然な原料でできていて安全だと言われるブラジリアンワックスを購入して試してみました。

ブラジリアンワックスは、その粘着力を利用して毛を引っこ抜く!というものになります。

処理したい部分にワックスを塗って、その上から専用のシートを貼り、シートごと剥がすのですが、これがまぁ結構な痛さ!

確かに使用感は塗っても肌に負担がかからないので良いし、処理した後も毛根から抜くということもあって、触りごこちはつるつる!

しばらく生えてこないので、カミソリやクリームに比べるとメリットは大きいかなと思います。

毛が黒ではない欧米人の間ではワックス使用が主流です。

私が使ったのは、ナチュラル製法でできたブラジリアンワックスでした。


大人気☆ブラジリアンワックス脱毛【ブラビアンカ シュガーワックス】

しかし、毛を根こそぎ抜くというのなら向いていますが、目的である毛量を減らすのには、ちょっと難易度が高いかもしれません。調整すれば出来なくはないですが。。。

どちらかというと、毛を全く必要としないOゾーンなど部分には向いています。

いずれにしても、このやり方も定期的に処理が必要になりますね。


スポンサーリンク

結局のところ除毛では毛量は減らせない!

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法引用元:melon-room.com

これまで、試せるものは全て試しました

しかし、結局のところ、これらの方法はしょせん「除毛」にすぎません。
つまりまた生えてきてしまうというのが共通点です。

また、毛量を減らすということは、毛を間引く効果が求められますよね。

気になる部分の毛を一時的に無くす(ゼロにする)ことはできますが、間引くことはできません!

それに、そもそも毛の太さ細くすることは出来ませんよね。

これらの願いを叶えるには、毛根からアプローチをしていかなければ解決しないという結論に達しました。

そうなると、やはりアレしか方法はありません。

デリケートゾーンの毛量を減らして自然に見せるにはレーザー脱毛!

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法引用元:beauty-essence.jp

結論から言います。

毛根からアプローチをし、毛量を減らす方法は、やはりレーザー脱毛しかないです。
しかも、日本人のように毛が黒だからこそ出来ること。

しかし、レーザー脱毛と言うと、一般的にはサロンで施すしか方法はないと思っていました。

そう、数年前までは。

レーザー脱毛の進化がすごい!

機械を使った脱毛の方法というと、その進化がめざましい世界です。

20年ほど前は1本1本処置をする(電気で毛根にダメージを与え焼ききるサーミコン式脱毛法)というのが主流で、激痛が伴うものだったとか。(管理人の友人がやっていました)

しかもかなり高額で数十万くらいは普通だったそうです。

10年ほど前からは、レーザーによる脱毛サロンが大流行し、価格もかなり下がりましたが、それでも今よりは高かったです。ワキ脱毛で完了するまで\30,000~\50,000ほどだったでしょうか。

最近では、脱毛サロンの利用も割とポピューラーになり、価格も落ち着いてきました。初回は¥100なんていうキャペーンなどもあり、利用しやすくなってきましたよね。


スポンサーリンク

脱毛サロンでやらない理由は?

デリケートゾーン,毛量を減らす,自然,毛,ふわふわ,方法引用元:woman.excite.co.jp

管理人は、もともと脱毛サロンでのワキ脱毛の経験があったので、レーザーでのVIO脱毛のことは知っていましたが、他人(サロンスタッフ)にデリケートゾーンを見せなければいけないということがネックで、一生やることはないと思っていました。

だって恥ずかしすぎますよね!
いくら美のためだとはいえ、管理人にはそこまでの覚悟はありませんでした。(古い考えなのでしょうか)

それさえクリアできればで脱毛したいのに!という想いをずっと持っていました。
現在なら価格もそんなに高くないですし。

最近は家庭用脱毛器もかなり優秀!

でも、そんな密かにくすぶっていた想いを解消できる時代がやってきました!

自宅でもサロンとほぼ同じような仕上がりが期待できる家庭用脱毛器がいろいろと発売されるようになり、密かに自分で処置をすることが可能になりました。

しかし、心配なのはその安全性ですよね。
家庭用とはいえ、レーザーを照射するわけですから、やけどただれなど、怪我につながらないか、美容のためのはずなのに醜くなりはしないか・・・など、かなり心配になりました。
特にデリケートな部分ですし。

でも、最近は家庭用脱毛器ってたくさんのメーカーから発売されているんですよね。

正直、効果があればどれでも良いと思うんですが、全部買って試すわけにも行かないので、いろいろとネットの口コミなどで評判を調査しました。

値段もピンキリ。
もちろん安いほうが良いけど、安くても中途半端な結果しか得られない脱毛器はいらないんです。

多少値が張っても、しっかりとした効果が期待できて評判も良いものが良い…。

そんな想いからいろいろと調べて見た結果、管理人にとって理想的な1台を見つけました。

ケノン新型2019
自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

家庭用脱毛器の業界では、もうすでにトップを誇る評判の良さでしたので、そんなに不安もなくこちらの脱毛器を選びました。

管理人はシャンパンゴールドをチョイス。

購入の決め手は使用者のレビュー。事前にかなりチェックしましたが、購入された皆さんが高確率で高い評価をされていたのはとても心強かったです。

管理人はVIOを目的として購入しましたが、結果的に鼻の下や手足の指の毛など、気になるところにもチョコチョコと使えるのでかなり重宝しています。

以前サロンで脱毛した脇や脚の毛も、気がつくと数本生えてきている…!というときもあります。そんな中途半端な時にも気軽に使えて便利ですw

利用頻度を考えると、買って本当に良かったと思います。

ぜひ、納得いくまで調べられてから、ご自分にぴったりの1台を見つけられてくださいね!

肝心の毛量を減らし軽くする脱毛のやり方は?

家庭用脱毛器で毛量を減らすには、ちょっとしたコツがあります。
(※毛の量にもよりますので、自己責任でお願いします)

手順としては以下の通り。

  1. アンダーヘアを全剃り
  2. 冷やす(アイスノンなど)
  3. レーザー照射
  4. 冷やす(アイスノンなど)

ポイントは、最初の剃り方です。

一般的なやり方も、レーザーを照射する前に毛を剃りますよね。

レーザーは黒に反応するので1~2ミリくらい毛を残しておいたほうが効果が出やすいといわれますが、アンダーラインの場合は調整しながらゆっくりと時間をかけたほうが良いので、なるべく最初は毛を残さずツルツルに剃ります。(特にVゾーン)

なるべく控えめに脱毛効果を出しつつやるのがポイントです。

形については、お好みでw

多少は痛いです(サロンでも同じ)

剃り方や照射の仕方については、説明書などでチェックしてくださいね!
立てかけられる鏡を使用して、見ながらやることをおすすめします。

1回の照射でも、毛量が結構少なくなりますし、その後生えてきた毛は細くなりますので、期待できる効果は実感できるかと思います。

脱毛効果があった毛根は、2~3日するとスッと抜けます。

レベルが1~10までありますので、最初は低めのレベル(2か3)レベルで当てて様子を見つつ進めると良いかもしれません。いきなりレベル10でやってしまうと、かなり毛が無くなる可能性はあります。

最初から高いレベルで1回でやらずに、数回に分けてご自分の毛量を調整していくことをおすすめします。※個人差がありますので、少しずつ調整しながらやってくださいね。

いきなりデリケートゾーンを照射するのは不安なら、腕や脚などで試してみてから始めるとより安心です。

最近は全く毛をなくすハイジニーナ脱毛など(海外では当たり前)も、人気になってきてるのでそれをやるのもまた手かもしれませんが、ご自身の環境や状況に応じて判断してくださいね!

あわせて読みたい
ハイジニーナ,脱毛,自己処理の仕方,目立つ,黒ずみ,シワ,綺麗にする方法
海外では常識?ハイジニーナの脱毛を自宅で!目立つ黒ずみとシワ対策!アンダーヘアを整えたい! という想いは、女性なら密かに持っている人も多いはず。 (もちろん気にもしていない人も多数ですが) で...

デリケートゾーンの毛量を減らす!まとめ

いかがでしたか?

レーザー脱毛以外の方法をお求めだった方には、すでに知っている情報だったかもしれませんが、やはり現状ではこの方法に勝るものは見当たりません。

管理人はこの家庭用脱毛器を購入後、デリケートゾーンだけでなく、鼻の下や腕、指の毛など、気になる部分をチョコチョコとスキマ時間に使い、サロンに通わずとも全身脱毛が完了できました!(背中は友達に手伝ってもらいました)

しかも、お肌もスベスベになったので嬉しい限りです!

綺麗になったことで、自分に自信がついたことが一番のメリットでした。

家庭用脱毛器は他ににもいろいろとありますが、この管理人が購入した家庭用脱毛器の良いところは美顔器としての機能も優秀ということです。しかもジェルなども不要なので嬉しいです。

※公式サイトで購入すると、カートリッジの無料のおまけがたくさんついてくるのですが、その中のひとつに美顔スキンケアのカートリッジがあります。
※期間によっては美顔カートリッジがついてこないのでチェックが必要です!

自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

脱毛がほぼ完了した今は、美顔スキンケアのカートリッジの方ががヘビロテ状態です…!(想定外)自宅でフォト美顔ができるからです。

最初は、脱毛が完了したらすぐ売ってしまおうかと思ったのですが(中古でもメルカリなどで割と高額で取引されているので)、今は美顔器としても手放せません。

美顔スキンケアのカートリッジを使うことで、管理人の肌は以前よりもキメも細かく、シミやシワも薄くなってと実感しています。

あわせて読みたい
おでこ,眉間,シワ,取り方,研究,アラフォー,必須アイテム
おでこと眉間のシワ取り方法を研究!アラフォーの必須アイテムは?女性にとって、お肌の状態というのは日頃のモチベーションに大きく関わる要素の一つ。 某化粧品会社のスタッフとして、20代後半からひっ...

綺麗になりたい女性の皆さんのご参考になれば嬉しいです!
(男性の濃いヒゲなどにも、おすすめできますよ)

また、アンダーヘアの処理をしたあとのケアなどについてもこちらの記事で記載しています。

あわせて読みたい
ハイジニーナ,脱毛,自己処理の仕方,目立つ,黒ずみ,シワ,綺麗にする方法
海外では常識?ハイジニーナの脱毛を自宅で!目立つ黒ずみとシワ対策!アンダーヘアを整えたい! という想いは、女性なら密かに持っている人も多いはず。 (もちろん気にもしていない人も多数ですが) で...
あわせて読みたい
アンダーヘア,脱毛,リスク
アンダーヘアの脱毛はやり方によってはリスクがある?最適な方法は何?アンダーヘアの処理ってどうされていますか? 女性ならばアンダーヘアの量や範囲は結構気になるところですよね。 しかし、その脱毛...


スポンサーリンク