セレブ

カイリージェンナーの収入源は?史上最年ビリオネアの昔の姿に驚愕!

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿

アメリカの経済誌フォーブスが「2019年度 世界でもっともリッチな人々」のリストを発表しました!

史上最年少のビリオネア(億万長者)としてリストインしたのは、カイリー・ジェンナー。
若干21歳にして『自力でのし上がった世界最年少のビリオネア』となり話題になっていますね!

何と、個人資産の総額が10億ドル(約1,100億円)に達したと推定されているとか!ちょっと想像できない額ですね。

今回は、そんなカイリー・ジェンナーの収入源と、驚きの昔の姿に注目してみたいと思います!

一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

カイリージェンナーが史上最年少の億万長者?

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:memorylane-media.com

カイリージェンナーは、アメリカの有名人気タレントであるキム・カーダシアンの妹(父親違い)です。

実は他にも父親違いの姉(キムを含む)が3人と兄が1人、実姉が1人います。

母親のクリス・ジェンナーと姉たち一家に密着したリアリティ番組キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ』への出演で、Kardashian(カーダシアン)ファミリーの末っ子として知られています。

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:www.elle.com

2007年から放送が始まった番組で、幼い少女だったカイリー・ジェンナーやその姉妹の成長を全米が見守っていて、アメリカでも最も有名な家族の一員であったという経緯があります。

マーク・ザッカーバーグを凌ぐ!ホントに自力?

www.businessinsider.jp引用元:www.businessinsider.jp

これまで史上最年少のビリオネアといえば、23歳で推定資産1500億円を築いた、「フェイスブック」の創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏でした。

まさに、自力による大富豪を実現した人ですよね。
映画にもなったほどの有名な人です。

カイリー・ジェンナーは2015年に17歳でにコスメブランド「Kylie Cosmetics」を設立し、これまでに6億3000万ドル以上の売上をあげたとしていて、21歳になった2019年現在には個人資産も合わせると10億ドル(1,100億円)に達すると推定しているようです。

そのことから、カイリー・ジェンナーはマーク・ザッカーバーグより2歳若くして、ビリオネアという称号を手にしたのです。

ただ、「自力でのし上がった」という部分には疑問を持つ人も多く、もともと番組で話題性があったからプロモーションも成功したのではという意見もあり、確かにそうなのかもしれないと管理人も思うところではありました。

しかし、カイリー・ジェンナーは米Paperのインタビューでこう反論しています。

起業する前から大きな土台があったことは認める。(SNSなどで)すでにたくさんのフォロワーがいたし、大勢の人たちから注目されていた。

でも、一代(Self-made)で財を築いたというのは事実よ。私は15歳の時に親から経済的に切り離された。自分で自分のお金を稼ぐように言われたの。お金を稼いで貯金する方法を学ぶ時が来たって。

つまり私が言いたいのは、私にはビジネスを成功に導く土台があったけど、お金は親からもらったものではないってこと

そもそも産まれたときから、ラッキーな環境だったといえるのかもしれませんね。


スポンサーリンク

カーダシアン姉妹もハンパない収入!

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:forbesjapan.com

カイリー・ジェンナーは、カーダシアンファミリーの中でも末っ子ながら一番の稼ぎ頭

しかし、他の姉たちもなかなか奮闘の稼ぎぶり。

フォーブスの経済誌は、カイリー・ジェンナーの実の姉Kendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)も「世界で最も稼ぐモデル」ランキングで首位に輝いたと報じています。

エスティローダーやアディダス、カルバン・クラインなどとの契約により自己最高額を記録し、1年間で2250万ドル(約25億6000万円)を稼いでいるのです。

しかし、カーダシアンファミリーにとってはこれでも稼いでいないほうなんです。

のカーダシアン姉妹5人の収入とランキング形式にしてみました。(2018年調べ)

1位 【五女】カイリー・ジェンナー(約200億円超)・化粧品会社経営など
2位 【次女】キム・カーダシアン(約190億円)・スマホゲームなど
3位 【三女】クロエ・カーダシアン(約44億円)・デニムブランドなど
4位 【長女】コートニー・カーダシアン(約38.5億円)・プロデューサー&ブティック経営
5位 【四女】ケンダル・ジェンナー(約25億円)・モデルなど

主な収入の柱を挙げてみましたが、実はみなさんどれも一つにとどまらず、いろいろなことが収入につながっているようです。

しかしすごい姉妹ですよね!


スポンサーリンク

主な収入源は?カイリーが億万長者になった理由は?

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:hypebeast.com

カイリージェンナーが億万長者になった理由、それは、自身がが立ち上げた化粧品会社KylieCosmetics(カイリーコスメティクス)が売り出した口紅のキットリップスティックとリップライナー・1個29ドル(約3200円))が爆発的に大ヒットしたからです。

カイリージェンナー自身とコスメブランドには、合計1億2600万にも及ぶフォロワー数を持つInstagram(インスタグラム)のアカウントがあり、これが口紅キットが大ヒットするための成功の鍵を握っていたようです。

自身もこう語っていました。

SNSは本当に素晴らしいプラットフォームだと思うわ、私のファンやカスタマーと簡単に直接繋がれる

1億2600万にも及ぶフォロワー数があれば、インスタグラムに広告を掲載するだけでも、数千万の収入が発生しますし、このインスタグラムが最大の広告塔となって販売に繋がったということでしょうね。

また、姉のケンダル・ジェンナーと立ち上げたアパレルライン【KENDALL + KYLIE(ケンダル アンド カイリー)】、そこに加えてPuma(プーマ)とのエンドースメント契約やテレビ出演によって、このような巨額の富を手にすることができているのです。

複数のキャッシュポイントを持つということが、成功者への道なのかもしれませんね。


スポンサーリンク

カイリージェンナーの昔の姿に驚愕!唇は整形?

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:www.msn.com

カーダシアンファミリーの一員として、10歳にも満たないうちからテレビに出演しているカイリー・ジェンナー。

姉のケンダル・ジェンナー(左)と映っている幼い頃のカイリー・ジェンナーの写真を見つけました。(右)

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:ellegirl.jp

あどけない姿で、今と全く違いますね!

ちょっとアップで比べてみましょう。

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:etcetera-japan.com

メイクをしているかどうかで、全く印象がちがいますし、特に唇の違いに驚愕ですね!

現在のカイリー・ジェンナーの特徴といえば、やはりこのポテッとしたセクシーな唇なんですが、昔の姿とは全く違うことがよくわかります。

自身のコスメブランドでヒットした口紅のキッドは、もともとカイリー・ジェンナーのトレードマークであるふっくらとしたボリューミーな唇にインスピレーションを得て作られたものだったそうですので、この唇あっての大成功ということなのですが…。

しかし、やっぱりどうしてもちょっと不自然ですよね。

実は、カイリー・ジェンナーは顎や鼻、豊胸などいろいろと整形疑惑がありますが、実際に本人が整形を認めているのは唇だけ。

カイリー・ジェンナーのボリューミーな唇は、「リップフィラー」と呼ばれる特殊な液を唇に注射するプチ整形によって実現したもの。もともと、コンプレックスがあってプチ整形をし始めたのだとか。

これは、定期的なメンテナンスが必要のようです。
メンテナンス直後はこの通り。

カイリージェンナー,収入源,史上最年少,ビリオネア,昔,姿引用元:english22catkat22.blog.jp

この頃は太っていた時期というのもあってか、「唇おばけ」と言われてしまったこともありました。

しかし、2018年2月に恋人でラッパーのトラヴィス・スコットとの間にできた、長女ストーミちゃんを出産する前後には、安全性の理由から「リップフェラー」の注入を一時中止していたようですね。

 

View this post on Instagram

 

💕👑

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿 –

しばらくは、もともとの唇の状態を楽しんでいたカイリー・ジェンナーでしたが、現在はまたボリューミーな唇に戻っているようです。

カイリージェンナーの収入源は?まとめ

いかがでしたか?

カイリー・ジェンナーの収入は、本当に異次元ですよね。

若いうちからこれだけお金を手にすると、その後人間はどうなっていくのかというのもかなり注目していきたいポイントです。

また、一般的な人でも、女性は昔の姿と比べると、その成長は凄まじいものがありますが、カイリー・ジェンナーは成長というより、いろいろな面で確実に進化していると言えるのかもしれません。

今後のカイリー・ジェンナーの動向と活躍を興味深く追っていきたいと思います!楽しみです。


スポンサーリンク