お笑い

大物芸人が吉本興業に残留する理由は?実は意外なメリットがあった!

大物芸人,吉本興業,残留,理由,エージェント契約,導入,変わる

テレビで笑いを提供してくれるお笑い芸人の方々。

人々の日頃のストレスが、お笑いによって解消され癒やしを与えてくれ、今や日本のテレビシーンには無くてはならない存在ですよね。

お笑い芸人といえば、やはり吉本興業所属の芸人さん。
2019年には闇営業問題でいろいろと取り沙汰されました。

吉本興業との契約問題やギャラ問題が露呈すればするほど、吉本興業って芸人さんに対してプラスとは思えないけど…?と疑問をもってしまいます。

ということで、今回は特に売れている大物芸人さんが、独立せずに吉本興業に残っている理由を考えて第3位まで調査してみました。

一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

大物芸人が吉本に残留する理由は?メリット1位は?

加藤浩次,年収,ギャラ,大物芸人,吉本,残留,理由引用元:www.daily.co.jp

とっても気になるのが、世間でもかなり認知されるような大物芸人さんは、なぜ吉本興業に(残留)残っているのかというところでしょう。

今回の闇営業問題による加藤浩次さんの「吉本を辞める発言」という騒動でも、結局は専属エージェント契約という形を選び、一応所属は吉本興業ということで落ち着いています。

あわせて読みたい
吉本,専属エージェント契約,加藤浩次,年収,変わる
吉本が作った専属エージェント契約って?加藤浩次の年収はどう変わる?極楽とんぼの加藤浩次さん(50)。 2019年7月に吉本所属芸人の闇営業問題に関わる発言等で、吉本興業に残留するかどうかでかなり話...

おそらく自分で事務所を立ち上げ、独立したほうがもっと収入増は見込めるのでは…と考えるからです。もしくは、他の芸能事務所へ移籍するとか。

女子アナが、局アナからフリーのアナウンサーになるように、大物芸人もそうした方がメリットが大きいのではないかと思いますよね。なんせギャラに関しても仕事をした芸人本人よりも事務所である吉本興業の取り分が多い印象ですから。

もちろん、売れない下積み時代からお世話になっているという恩義もあるでしょうが、それ以外にも大きな理由はあるのではないか、、、、と管理人は考えます。

なので、ちょっと調べたところ、まず理由1位としては以下のようです。

吉本興業は仕事量が多い

吉本興業は、いくつかの番組の制作に入って(資金を入れて)いるので、吉本の芸人がその番組にキャスティングされやすいとか。つまりそれがテレビ界での営業力につながっているのです。

つまり、芸人にとっても仕事が回ってくる可能性が高いということのようです。

圧倒的な営業力で多くの仕事を与え、名が売れた芸人たちの生活を保障しているということですね。

売れない間はもちろん喉から手が出るほど仕事が欲しいでしょうから、吉本に所属することでネームバリューで仕事が得られるということだったのでしょう。

いくら売れても、やはり仕事があるかどうかは営業力がある吉本の力があってこそなので、なかなか離れられないという事情もあるのかもしれません。


スポンサーリンク

2位はギャラが理由?吉本の取り分は大物には有利?

大物芸人,吉本興業,残留,理由,エージェント契約,導入,変わる引用元:biz-journal.jp

売れて認知されるようになってくると、吉本興業と芸人との取り分の配分が変わってくるということもあるようです。(芸人側の取り分の割合が多くなる)とか。

1:9というのはあくまでも売れない時期の芸人さんに対しての割合ということでしょう。

その証拠に、吉本所属の大御所芸人たちは、高額納税者リストに名を連ねているほど。

実際に9割も吉本興業に取られていたら、そんなリストには載りませんよね。

大御所になれば、ギャラも上がり、さらに吉本ブランドで仕事も手に入るという相乗効果がハンパないということになるのでしょう。

また、独立するとなるとリスク管理などは自分でやらなければならないため、仕事だけに専念しにくいという環境になる懸念もありますから、面倒なことは任せたいという気持ちもあるのかなと思います。


スポンサーリンク

吉本には”師匠”枠がある?密かな理由は3位?

大物芸人,吉本興業,残留,理由,エージェント契約,導入,変わる引用元:www.zakzak.co.jp

意外となるほどなと思うのが、「師匠」という立ち位置。

確かに吉本興業には、昔売れていた落語家や漫才師などの芸人さんがまだたくさんいらっしゃって、「師匠」と呼ばれていることが多いですよね。

他にも先輩芸人に対しては「兄さん」「姉さん」「先生」という呼び方もあるようですが、この違いは「師匠」はお弟子さんのいる人で、「兄さん」はお弟子さんを取っていない人だそうです。

たとえば、オール阪神・巨人さんや文枝さん、海原はるか・かなたさんのように、師匠という位置になれば、売れなくなってもバーターもあるということです。
芸能界の「バーター」とは事務所内で売れている芸能人とセットで売れていない芸能人も一緒に出演させてもらうこと。

なんだか吉本という国の老後の保険といった感じで、日本の年金システムとかぶるなぁと感じてしまいましたw

たとえばダウンタウンさんのような大物芸人さんが、そういう風に考えているかどうかは分かりませんが、シビアな人気商売の世界ですので、もしかしたらそういった安心感などもあるのかもしれませんね。

大物芸人が吉本興業に残留する理由は?まとめ

いかがでしたか?

管理人なりにリサーチしてみました。

加藤浩次さんくらいになると、おそらくフリーランスでも十分やっていけると思いますが、あえて吉本に所属を残すということは、このようなメリットが考えられるのでしょう。

吉本側もせっかく育てた芸人さんが、離れていくというのはデメリットしかないと思いますから、双方が納得できる条件を作ったということなのでしょうね。

企業は働き手がいなくなったら潰れますから。

管理人は、吉本の芸人さんたちが大好きなので、働きやすい環境を作ってあげてほしいと思います。

あわせて読みたい
吉本,専属エージェント契約,加藤浩次,年収,変わる
吉本が作った専属エージェント契約って?加藤浩次の年収はどう変わる?極楽とんぼの加藤浩次さん(50)。 2019年7月に吉本所属芸人の闇営業問題に関わる発言等で、吉本興業に残留するかどうかでかなり話...
あわせて読みたい
加藤浩次,年収,ギャラ,吉本,取り分,芸能事務所,比較
加藤浩次は吉本残留でも年収アップ?取り分を他の芸能事務所と比較!吉本興業所属の極楽とんぼの加藤浩次さん(50)。 加藤浩次さんが日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)のメインMCを務められ...


スポンサーリンク